2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忽那杜氏のお酒山の壽に関する重要なお知らせ。

伝説の中の一章が終了致します。
当店にある全ての忽那杜氏のお酒(山の壽)が無くなりました。
北の大地でも爆発的人気を誇り忽那さんのおかげで新しい出逢いを
沢山頂きました。
忽那さんのお酒(山の壽)を楽しみに車で五時間かけて何度も
ご来店頂いたお客さんもいつも笑顔でした。
毎回ご注文頂くたびに
お酒は全てお任せで!!
あ、だけど山の壽だけは必ず
入れて下さい!!と港町からご注文くださるご夫婦もいました。
忽那さんのお酒を帯広で大事に広めてくれた
家族もいます。本当にありがとうね。
おかげで、帯広からも沢山のお客さんに忽那さんのお酒を
買いにいらして頂きました。
その他にも本当に大勢のお客さんが忽那杜氏のお酒を
買いにいらして下さいました。
人と人をつなげる心のこもった忽那さんのお酒。
人々の印象にしっかり残るお酒。
ラベルに負けない心の踊る味わい。
思い出だらけのお酒です。
忽那杜氏が去られた今、自分にはどうあっても扱わせて頂き
お客さんにお薦め出来る気持ちが起こりません。
自分の山の壽は忽那杜氏と一緒に終わりです。
言いたい事はいっぱいあります。
噂話を真実かのようにいいふらす輩も見かけました。
自分には記憶と記録がありますので
照らし合わせて矛盾点が……止めときます。
伝説の次の章の始まりまで力をつけます。
北の大地に陽の光が輝く日まで
真実は、自分が信じた道を行くことで証明できる
ようになりたいなと思います。
お取り扱いがなくなるお知らせをした時に
皆様からお預かりしたお言葉
私達はいつまでも忽那杜氏の造るお酒を待っています。
山の壽が飲みたいのではなく忽那杜氏のお酒を飲みたいんだ。
皆様、忽那杜氏の山の壽をご愛飲頂きありがとうございました。
小川 勇樹

スポンサーサイト

| 未分類 | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT